データ保全性とパフォーマンスを追及
社外にデータを分散保全できる

 経済性よりも、確実なデータ保全性とバックアップ処理効率を極めたい場合には、 サーバも回線も独立した占有インフラでのご利用をお勧めします。

 災害リスクの少ない安全なiDC(データセンター)のサーバハウジングに専用の遠隔バックアップサーバを設置し、 専用回線を通じて遠隔バックアップを行っていただけます。 この場合、レンタルサーバで制約されるサーバスペックや回線の帯域制限などを気にすることなく、快適なバックアップ運用が可能になります。

 既に社外のiDCハウジングをご利用になられている場合、空きラックにサーバを設置し、既存回線を利用することで、 ランニングコストを抑えた経済的な遠隔バックアップが可能になります。

 新規にiDCハウジングを契約し、専用サーバ、インターネット回線を新規導入する場合には、 それ相応の初期投資とランニングコストが必要となります。

 いずれの場合でも、VPS、専用レンタルサーバと同様、ご利用になるサーバにサーバサイドソフトウエアを弊社にてインストール、 テストを実施し正常性を確認した後、納品いたします。

遠隔バックアップソフト【AlivioBackupアリビオバックアップ】サーバサイドソフトウエアのデータセンタハウジング内サーバへの導入

 必要なバックアップ容量とサーバスペックからサーバを選択し、ご予算の許す限り高速な回線速度を選ぶことで、 データ保全性とパフォーマンスを追及したバックアップ運用が可能になります。

 参考までに、iDCハウジングに専用サーバ、専用回線を新規導入する場合の必要アイテムを下にご紹介します。 なお、iDC(データセンター)は、災害リスクの観点から地勢的条件やファシリティレベルを、ご検討下さい。 またバックアップパフォーマンスは、サーバのスペック、回線速度のグレードにより左右します。 保全性、処理効率、経済性などの観点から、最適な専用サーバ、専用回線をご検討下さい。


  • iDC(データセンター)
    • 新規ハウジング(サーバラック)契約
    • 入館登録、サーバ監視、サーバリブートなどの付随サービス申し込み
  • 専用サーバ
    • 新規サーバ導入設置
    • OS/MiddleWareのインストール+各種調整
    • サーバサイドソフトウエアのインストール+テスト(弊社実施)
  • 専用Internet回線
    • 新規回線の敷設導入(申込-工事-開通まで概ね1~2ヶ月)
  • ネットワーク機器
    • 新規FW、VPNルータの導入設置
    • ネットワーク設定(アクセス条件、フィルタリング、DNS等)

専用サーバにリモートログイン
インストールは、すべてお任せ

 サーバサイドソフトウエアはLinuxOSで動作します。 動作条件に記載したミドルウエア等のソフトウエアが、予め実装されている必要があります。

遠隔バックアップソフト【AlivioBackupアリビオバックアップ】サーバサイドソフトウエアのデータセンタハウジング内サーバへの導入:iDCの専用サーバにリモートログインしサーバサイドソフトウエアをインストール

 サーバサイドソフトウエアのインストール作業は、基本的に弊社よりサーバにSSHでリモートログインし実施いたします。 この際、Root権限のアカウントが必要となります。
 サーバ、ネットワーク機器、回線の敷設設置、調整を含めてインストールを行う場合には、作業実費が別途必要となります。

 インストール完了後、テストを行い、正常性を確認したのち、納品となります。 インストール作業期間は概ね5営業日以内となります。


サーバハウジング、専用サーバ、専用回線をお探しならご相談下さい

 iDCをベースに占有インフラにて遠隔バックアップ体制を構築されるなら、是非ご相談下さい。 ご要望、ご予算を詳しくお伺いし、最適な遠隔バックアップのためのサーバインフラをトータルに提案、ワンストップでご提供いたします。

お問合せはこちらから

サーバサイドソフトウエアの導入のしかたにもどる

AlivioBackupの導入のしかたにもどる

Topページにもどる