Uni-Mind Technologyポータルサイトのトップへ
情報共有 ソリューション
Groove 2007でもっと強い情報共有を.
企業間取引の社外コミュニケーションに、安心と確実を.
Microsoft Office Groove 2007システム開発なら、おまかせください.
.
サイトマップ 個人情報保護方針
Home 製品情報 サービス案内 サポート 会社案内 お問い合せ
サービス案内
Grooveシステム拡張開発
特徴  サービス内容 価格
Groove 2007にはカレンダやファイル共有、ディスカッションなど、日常業務でご利用いただける便利な標準ツールが予め備えられています。

しかし、専門性が高く特殊な属性を持つデータを処理したり、収集したデータからトレンドを分析し、データを二次的に活用するなど、より業務にフィットしたツールが必要となるケースもあります。

さらに、他の業務システムとデータ連携させて、よりアグレッシブな戦略情報システムを構築したいこともあるでしょう。

このような場合にご利用いただきたいのが、本サービス。
お客様のGrooveシステム拡張に関するご要望を、きめ細かくヒアリングさせていただき、最適な拡張システムを開発いたします。

Groove2007拡張アプリケーションにより、さらに広がる情報活用
Groove 2007は、外部システムと連繋するためのAPI機能を備えています。Groove 2007が持つ様々な機能を、Groove以外のアプリケーションやコンピューティングシステム上から利用したり、ワークスペース上の情報を、他のアプリケーションから入出力することができます。
拡張アプリケーションは、通常のWindows Formアプリケーションとして実現できます。この拡張アプリケーションを1台のPCの上にGroove 2007と共に実装し、ローカルにデータ連携させることができますし、Groove 2007を実装するPCとは別のPCに実装してリモートでデータ連携をさせることもできます。
さらに拡張アプリケーションをWebフォームアプリケーションとしても実現できます。その場合、Webサーバの上にGroove機能を展開すれば、Webベースによる情報の共有ができ、 Groove 2007を利用しない一般PCユーザからも、データのアクセスビリティを拡張することができます。
拡張アプリケーションの具体例を紹介します。
最初に、ローカルのデスクトップ上で動作しているアプリケーションに、Groove 2007の機能を統合した例です。
ビジネスプロセスアプリケーション(BPA)に、Grooveのオンライン・プレゼンスやメッセージ機能を盛り込むことなどが出来ます。
企業や部門のポータルサイトに、Groove 2007の機能を組み込んだ例です。
Webブラウザを通してWindows以外のOS(MacやUNIXなど)を利用しているスタッフとも、Groove 2007のデータのやりとりが可能になります。
Groove Server 2007 DataBridgeにより、より安全なシステム統合を実現
既存の業務システムやアプリケーション、データベースなどと、Groove 2007のワークスペースとの間で、データ連携を可能にするサーバアプリケーション、それがGroove Server 2007 Data Bridgeです。
Data Bridgeには、次のような利点があります。

1、 企業内のデータとの連携によりワークスペースを有効活用できます。
単一のワークスペース内で、さまざまなデータが利用可能になり、チームの生産性が向上します。
業務アプリケーションに対する、パートナーなどの外部ユーザへのアクセスを、低コストで実現します。
アプリケーション間の自動同期により、データを最新の状態に保つことが可能です。
2、 3種類のデータ連携をサポートします。
業務アプリケーションからワークスペースへデータを自動的に読み取ります。
ワークスペースのデータを業務アプリケーションへ自動的に書き込みます。
業務アプリケーションとワークスペースのデータを同期します。
3、 Groove Data Bridge を利用して、ワークスペースのアーカイブも可能です。
指定した日時、スケジュールで定期的にワークスペースのコンテンツを自動的にバックアップし、アーカイブファイルに格納します。
Groove Server 2007 Data Bridgeを介して、 Groove 2007 とLOBアプリケーションやデータストアとの間で、データ連携を行った場合のブロック図を下に示します。
Data Bridgeと連携する拡張アプリケーション側では、Groove Web Services APIを利用し、目的や用途に応じたカスタムコードを設計し実装します。ワークスペース内の、ディスカッションを含むフォーム、ファイル、カレンダなどのツールのデータレコードを、Data Bridgeを介してGroove以外のアプリケーションやシステムと連携させることが可能になります。
拡張アプリケーションと比べて、Groove Server 2007 Data Bridgeを使った場合のメリットは、一体何でしょうか?
1つ目のメリットは、リモートで連携させた場合のデータの秘匿性にあります。
Groove Web Services APIを用いた拡張アプリケーションにより、LOBアプリケーションあるいはデータストアをGroove 2007と直接連携させた場合、連携データは暗号化されません。ですから、ローカルなシステム内部での連携に留めるか、リモート連携するならば、VPNや他ベンダーが提供する暗号化ソリューションなどを併用する必要があります。
しかし、Groove Server 2007 Data Bridgeでは、このような手間もコストも不要。リモートでも、安全にGroove 2007との連携を行うことが可能になります。
2つ目のメリットは、連携する共有データの統制管理のしやすさにあります。
Groove Web Services APIを用いた拡張アプリケーションを、社内に散在する複数のPC上で稼動させた場合、連携する共有データを統制管理しきれなくなる事も考えられなくもありません。
Data Bridgeを導入すると、社内のデータ連携を一手に統合管理することができ、情報統制の強化を図ることが可能になります。

Copyright(C) 2008 Uni-Mind Technology Co. Ltd. All Rights Reserved.
Microsoft,Microsoftロゴ、Office Groove 2007は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
弊社はマイクロソフト・パートナー・プログラムに登録しています。