Uni-Mind Technologyポータルサイトのトップへ
情報共有 ソリューション
Groove 2007でもっと強い情報共有を.
企業間取引の社外コミュニケーションに、安心と確実を.
Microsoft Office Groove 2007システム開発なら、おまかせください.
.
サイトマップ 個人情報保護方針
Home 製品情報 サービス案内 サポート 会社案内 お問い合せ
製品情報
Microsoft Groove Server 2007
特徴  機能 動作条件 価格
Groove 2007を使ったコラボレーションでは、Microsoft Groove 2007 Relay Serviceを介して、社外の人々との情報交換が行われるため、ユーザのサーバ導入負担なしに、コラボレーションが直ちに開始できます。

また、コストをセーブしつつ、厳格なセキュリティポリシーを適用し、社内のGrooveユーザを一元的に統制管理するには、Microsoft Groove Enterprise Services 2007がご利用いただけます。

これら2つのサービスは、Microsoftが設置しインターネット上に公開されたサーバによりサービスされています。

これらのサービスを担うソフトウエア・コンポーネントと、社内業務システムと連携させシステム拡張を実現するサーバコンポーネントを1つにパッケージしたのが、Micorosoft Office Groove Server 2007です。

社内にプライベートなGrooveサーバを設置し、厳格なセキュリティルールのもと、安全な社内のGrooveユーザのコラボレーションに供したい、また、既存業務システムと連係させ、先進的な戦略情報システムを拡張構築したい、などのご要望にかなうソフトウエア・プロダクトです。


プライベートなGrooveサーバを設置できます
 たとえ多重暗号化による情報の秘匿性が確保されていたとしても、業務情報が社外装置 -- Groove 2007 Relay Service -- を経由して交信されることが、社内のセキュリティルールで認められない場合、プライベートなサーバを社内に設置し、Grooveのコラボレーションに供することができます。

もちろん、厳格なセキュリティ・ポリシーの設定により、ユーザ・オペレーションの統制をかけ、より安全なコラボレーション環境を構成して運用できます。



より便利に
構内のActive Directoryサーバと連携し、ユーザIDとGrooveアカウントを統合管理することができます。管理者はもちろん、ユーザオペレーションの負担を低減することができます。

データベースなどの社内情報基盤やアプリケーションとGrooveとを連携させるなど、システム拡張を行うことも可能です。

  

内部統制対応にも
総てのGrooveユーザの操作イベントを詳細に記録し、証跡追跡できる体制を敷くことができます。

Copyright(C) 2008 Uni-Mind Technology Co. Ltd. All Rights Reserved.
Microsoft,Microsoftロゴ、Office Groove 2007は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
弊社はマイクロソフト・パートナー・プログラムに登録しています。