Uni-Mind Technologyポータルサイトのトップへ
情報共有 ソリューション
Groove 2007でもっと強い情報共有を.
企業間取引の社外コミュニケーションに、安心と確実を.
Microsoft Office Groove 2007システム開発なら、おまかせください.
.
サイトマップ 個人情報保護方針
Home 製品情報 サービス案内 サポート 会社案内 お問い合せ
製品情報
Microsoft Groove Server 2007
特徴  機能 動作条件 価格


Groove Server 2007は、次の3つのサーバ・コンポーネントから構成されます。
Groove Server 2007 Manager
管理サーバです。
企業内のGrooveユーザの一元的な管理、厳格なセキュリティポリシー適用を行い、安全なGrooveコラボレーション環境を提供します。
これは、Groove Enterprise Servicesのプライベートなサーバ機能とお考えいただくと、ご理解しやすいと思います。

また管理サーバのサブコンポーネントとして、監査サーバの機能を持っています。すべてのGrooveユーザの操作イベントを記録し、証跡追跡に利用できます。


Groove Server 2007 Relay
中継サーバです。
Groove Server 2007 Managerで管理する総てのGrooveユーザがコラボレート時にやり取りされるデータの中継・蓄積と、GrooveユーザやGrooveデバイス(Groove2007を実装しているPC)のステータスを検知し管理します。
機能的には、Groove 2007 Relay Serviceのプライベートなサーバ機
能とお考えいただくと、ご理解しやすいと思います。

もちろん、Groove 2007 Relay Serviceと連携させることも、自社Grooveユーザが送受信する総てのデータの中継を、プライベートな中継サーバだけが行うように制限することもできます。

Grooveコラボレーションの中核を担う重要なコンポーネントですので、中継サーバの冗長構成機能を標準で有しています。


Groove Server 2007 DataBridge
拡張サーバです。
社内ポータルやデータウエアハウス、データベースなどと情報の連係を構成するコンポーネントです。

社内の業務データをGroove 2007のコラボレーション環境に展開し、より効率的でプロアクティブな情報戦略体制を実現できます。


Groove Server 2007を導入した企業でのシステム構成イメージは下図にようになります。Groove Server 2007が、対外的なコラボレーション・データのフロントエンドとして、また社内データウエアハウスとのブリッジを構成します。



Copyright(C) 2008 Uni-Mind Technology Co. Ltd. All Rights Reserved.
Microsoft,Microsoftロゴ、Office Groove 2007は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
弊社はマイクロソフト・パートナー・プログラムに登録しています。